FIT残存期間をできる限り残せる! 太陽光発電所の売却ガイド > 太陽光発電の今後

太陽光発電の今後

20年後の太陽光発電

産業用太陽光発電所は電気の固定買取期間が20年ありますが、20年以降の売電はどうなるのでしょうか。また、電気の固定買取期間である20年が過ぎたあとの売電価格についても気になります。

そこで、こちらのページでは電気の固定買取期間が20年が過ぎた後の太陽光発電所や、FIT期間が過ぎた20年後の発電所・土地の所有状況別にご紹介しています。

20年後の太陽光発電について
詳しく見る

太陽光発電の撤去費用

太陽光発電所の各設備は、自然災害による劣化や破損、撤退などさまざまな理由で解体・撤去・破棄をするタイミングが訪れます。

太陽光発電所を運営するうえで、定期的なメンテナンス費用と合わせて撤去費用についても知っておく必要があります。

こちらのページでは太陽光パネル・架台・基礎の解体それぞれの解体費用や、経済産業省が発表した太陽光発電設備の撤去にかかる費用の平均についてご紹介します

太陽光発電の撤去費用について
詳しく見る

近隣トラブル

太陽光発電所を設置する際は、発電所周辺・近隣住民への配慮が必要です。この配慮を怠ってしまうと、近隣トラブルへと発展し訴訟に至ってしまう場合もあります。

太陽光発電所に関する近隣トラブルについて、どのようなパターンがあるか、そしてそれぞれどのような対処が必要であるかなどについて詳しくご紹介します。また、あわせてこれから太陽光発電所を始めたい方、すでに始めている方向けにおすすめしたいポイントもご紹介します。

太陽光発電所に関する
近隣トラブルについて
詳しく見る

太陽光発電設備の寿命

太陽光発電所の収益性を計画するうえで必ず知っておきたいのが、「太陽光発電設備の寿命」です。減価償却などの税務上の耐用年数と、実際の耐用年数は設備やメーカーによっても異なります

そこで、こちらのページでは、太陽光パネル、パワーコンディショナー、配線器具やケーブル、架台それぞれの「耐用年数」について詳しくご紹介しています。

太陽光発電設備の寿命について
詳しく見る

太陽光発電所のセカンダリー市場

自動車の中古車市場と同じように、既設の太陽光発電所にもセカンダリ―市場があります。2020年以降、新設の発電所では低圧全量売電に規制が掛けられているため、中古発電所のプレミアム化が進むと予想されています。法人・個人を問わず、希少な物件には高値での売買が予想されます。

太陽光発電所のセカンダリー市場
について詳しく見る

SDGs推進と太陽光発電の関係

SDGsは、世界各国の政府や企業、個人も注目している全世界共通の取り組みです。SDGsの中でもエネルギーについては世界中がさまざまな取り組みを行っていて、中でも太陽光発電は大きく注目されている再生可能エネルギーのひとつです。こちらでは、SDGsと太陽光発電の関係や、再生可能エネルギーについて詳しく解説しています。

SDGs推進と太陽光発電の関係
について詳しく見る

ペロブスカイト太陽電池

ペロブスカイト太陽電池とは、従来の太陽電池のデメリットであったコストがかかること、設置場所が限られることという2つのデメリットをくつがえす次世代の太陽電池です。ただし現状においては、不安定であること、鉛が使用されていることなどの課題もあります。

ペロブスカイト太陽電池
について詳しく見る

まだ実用化されていない宇宙太陽光発電とは

宇宙太陽光発電とは、衛生の軌道上に太陽光発電を展開して電力を創り出す計画のことです。実用化されれば天候・昼夜を問わず電力を創り出せるようになりますが、現状においては課題もあり、21世紀後半以降の完成を目指しています。

まだ実用化されていない宇宙太陽光発電
について詳しく見る

太陽光発電投資での正しい出口戦略

出口戦略とは、経営などから撤退する際に損失を最小限に抑えるための戦略のことです。もともとは軍地用語で使われていましたが、近年では収益を確定する意味合いで使われることもあります。太陽光発電投資においても正しい出口戦略を立てることこそが、損失を最小限に抑えるための重要なポイントです。ここでは、太陽光発電投資での正しい出口戦略の例を解説しています。

太陽光発電投資での正しい出口戦略
について詳しく見る

メガソーラーに将来性はあるのか

メガソーラーとは、太陽光発電の中でも出力が1MWを超える大規模システムのことを指します。一般家庭の屋根に設置する太陽光発電システムの100倍もの規模で、主に産業用電力として企業が運営しているのが特徴です。ほかの再生可能エネルギーと比べて設置場所を探しやすいメリットがあります。ここでは、メガソーラーのメリット・デメリット、将来性などについて解説しているのでぜひ参考にしてください。

メガソーラーに将来性はあるのか
について詳しく見る

太陽光発電も含まれるエネルギーミックスとは

エネルギーミックスとは、複数の電力源を組み合わせて発電することです。電力源を複数確保することにより、緊急の場合でも安定的な電力供給を目指せます。ここではエネルギーミックスと太陽光発電の今後について解説します。

太陽光発電も含まれるエネルギーミックスとは
について詳しく見る

太陽光発電とESG投資の関係とは

ESG投資とは人・環境・地域とともに持続可能であることを目指す企業への投資のことで、太陽光発電の今後の拡大位にも影響を与える要素です。ここではESG投資とSDGsとの関連性、太陽光発電の将来性との関係について解説します。

太陽光発電とESG投資の関係とは
について詳しく見る

2030年に目指すエネルギーミックスとは

火力・水力・原子力・再生エネルギーなど複数の発電方法を組み合わせて、必要なエネルギーを組み合わせるエネルギーミックス。2030年までに現在依存度の高い石油・石炭・液化天然ガスの割合を減少させ、再生エネルギーの割合を増やした構成にすることを目標としています。

2030年に目指す
エネルギーミックスについて
詳しく見る

太陽光パネルの終活を考える

2009年頃から急速に太陽光発電は普及した日本では、2040年頃に80万トンもの太陽光パネルが排出されると考えられています。特に家庭用パネルは2030年には年間2万5千トンの排出が予測され、どのように太陽光パネルを破棄するのかは喫緊の課題です。

太陽光パネルの終活について
詳しく見る

太陽光発電の売電価格は今後どうなる?

FIT制度における太陽光発電の売電価格は、毎年下落しています。FIT制度では、導入コストを回収できるように価格を調整しており、太陽光発電システムがコストダウンしていくことで、今後も売電価格は下がる見込みです。FIT終了後の方針も決めておきましょう。

太陽光発電の売電価格の今後について
詳しく見る

現金化が早いおすすめ
太陽光発電所買取業者
3選をチェック!

太陽光発電買取業者3
       

Googleにて「太陽光発電所 売却」と検索(2021年5月6日時点)し、上位表示される会社20社の中で、建設・管理・運営まで行っていて、全国の物件の買取に対応している業者をピックアップしています。

売却スピードなら
プレグリップエナジー

現⾦化までの期間

約1週間

会社の資本金

記載なし

中古物件の掲載

9件

  • 故障物件の買取
  • ID買取

公式HPから査定依頼

0120-058-517

資本力なら
センチュリーエナジー

現⾦化までの期間

3ヶ月程度

資本金

5億円

中古物件の掲載数

記載なし

  • 故障物件の買取
  • ID買取

公式HPから査定依頼

03-3215-0111

事例数なら
ミタデン

現⾦化までの期間

記載なし

資本金

2,100万円

中古物件の掲載数

26件

  • 故障物件の買取
  • ID買取

公式HPから査定依頼

0120-81-7373