FIT残存期間をできる限り残せる! 太陽光発電所の売却ガイド > 太陽光発電の今後 > 太陽光発電とESG投資の関係とは

太陽光発電とESG投資の関係とは

最近盛り上がりを見せているESG投資は、SDGsや太陽光発電の市場に影響を与える可能性があると考えられています。ここではESG投資とはなにか概要について説明した後に、SDGsや太陽光発電との関連性についてご紹介していきます。

ESG投資とは

ESG投資とは環境・社会・企業統治への投資のことです。「ESG投資」の「E」は「Environment(環境)」、「S」は「Social(社会)」、「G」は「Governance(企業統治)」を指します。 ESG投資は環境や人、地域も含めて長期的に持続可能であることを目指す企業へと投資することです。

ESG投資とSDGsの関係

ESG投資はSDGsの考えと非常に似ている部分があります。ESG投資とSDGsにはどのような関係があるのか見ていきましょう。

SDGsはESG投資企業の事業機会

ESGを実践する企業にとって、SDGsは事業機会の創出のために役立つものです。ESGの考えでは「環境・人・地域とともに持続可能な企業を目指す」ことが主軸となりますが、SDGsは「地球上のすべての存在を含めて持続可能な世界を目指す」という考えです。

全世界的にSDGsの考えが広まっている現在、その流れに乗ることで企業はブランドイメージを高められるようになります。そしてSDGsの根本とした事業を推進していくことにより、支持を得られる可能性も高まるでしょう。

ESG投資企業がSDGsを推進

ESG投資企業にとってSDGsは事業機会の創出として活用されますが、SDGsはそのようなESG投資企業により推進されているのも事実です。SDGsはESG投資対象となる企業による広められた経緯があり、企業が2030年までの目標に近づくための後押しをしているとも言えるでしょう。

ESG投資対象企業にとってSDGsは利益のために活用されるものでもありますが、SDGsはそのような企業により成功へと近づいているという利害の一致した関係でもあります。

ESG投資と太陽光発電について

昨今では企業がESG投資の確率を上げるために太陽光発電事業へと取り組むケースが増えてきており、以前よりも企業による需要が高まる可能性もあります。

ESG投資を受けるためにはSDGsの考え方に則り、環境や地球に優しく持続可能な事業に取り組むことが基本とされます。そしてそのために採用されやすいのが、事業として利益を生め、さらに需要が高いことから投資家からも注目されやすい太陽光発電事業です。

ただし太陽光発電は2009年11月から10年間との制限で実施されていたFIT制度が終了したことで、その後は一旦冷え込みを見せていました。今後ESG投資により需要が高まる可能性はありますが、過剰な期待は危険であることが実情でしょう。

太陽光発電買取業者3
       

Googleにて「太陽光発電所 売却」と検索(2021年5月6日時点)し、上位表示される会社20社の中で、建設・管理・運営まで行っていて、全国の物件の買取に対応している業者をピックアップしています。

売却スピードなら
プレグリップエナジー

現⾦化までの期間

約1週間

会社の資本金

記載なし

中古物件の掲載

9件

  • 故障物件の買取
  • ID買取

公式HPから査定依頼

0120-058-517

資本力なら
センチュリーエナジー

現⾦化までの期間

3ヶ月程度

資本金

5億円

中古物件の掲載数

記載なし

  • 故障物件の買取
  • ID買取

公式HPから査定依頼

03-3215-0111

事例数なら
ミタデン

現⾦化までの期間

記載なし

資本金

2,100万円

中古物件の掲載数

26件

  • 故障物件の買取
  • ID買取

公式HPから査定依頼

0120-81-7373