FIT残存期間をできる限り残せる! 太陽光発電所の売却ガイド > 太陽光発電の今後 > 太陽光発電投資での正しい出口戦略

太陽光発電投資での正しい出口戦略

太陽光発電投資での正しい出口戦略はさまざまあります。ここでは、出口戦略について簡潔に解説するとともに、太陽光発電の出口戦略例をご紹介するのでぜひ参考にしてください。

出口戦略とは

出口戦略とは、経営などから撤退する際に損失を最小限に抑えるための戦略のこと。もともとは軍地用語で使われていましたが、近年では収益を確定する意味合いで使われることもあります。

出口戦略は投資活動でもよく使用されます。投資資金をいかに損失せずに増やして撤退するかという、投資においてとても重要な内容となっているのです。投資において最も重要な場面は出口。なぜなら、最終的な損失が確定する場面だからです。出口を見据えて購入することで、利益を最大限にする、あるいは状況が変わった時に損失を最小限に抑えて撤退することが出来ます。

太陽光発電の出口戦略例

太陽光発電の出口戦略例をいくつかご紹介しましょう。

中古として売る

太陽光発電所を中古として売ることで、損失を最小限に抑えられます。太陽光発電は比較的新しい設備のため、今後中古市場が活性化していくことが予想できるでしょう。太陽光発電設備の寿命は20~30年と長く、交換が必要とされるパワーコンディショナーの価格もかなり安くなっているため、中古で購入をしても採算が取れる計算になります。

またFIT期間内の売却なら、売電価格をそのまま引き継ぐことも可能。15年運用したものを購入する場合は、残りの5年は15年前の売電価格での売電が行えます。

設備を撤去する

太陽光発電設備を撤去し更地にしてしまう方法もあります。設備の撤去と聞くと莫大な資金がかかるのではないかと心配する方もいるかもしれませんが、実は撤去費用もFITの売電価格で賄うことが可能です。

2017年の改正FIT制度では事業計画の提出も義務付けられていますが、この中には廃棄費用とその積立額を記載する箇所があります。事業開始前から20年後を意識した運営が必要とされているといえるでしょう。

電力を自家消費する

自社ビルや工場といった電力を多く必要とする設備を所有している場合は、電力を自家消費する方法も良いでしょう。売電価格が下がっている一方で電気料金が値上がりしているのが現在の実情。自家消費電力として活用することで、電気代の節約につながります。また災害などの非常時の備えとしても活用できるでしょう。

新しい販売先を見つける

新しい販売先を見つけ、契約を結びなおすという方法もあります。FITの売電価格よりはやや落ちる可能性はありますが、事業として参入しているところも多数あるため、低すぎる価格設定になることは考えにくいでしょう。気になる会社や新電力プラン情報などは積極的に集めておくことをおすすめします。

太陽光発電ファンドと非FITの動きについて

今後の太陽光発電投資について、注目したいのが非FITに対応した太陽光ファンドの動きです。

非FITは国民への負担がないため経済産業省から一定の評価を得ており、今後非FIT発電所が増えることで市場におけるリスクヘッジが行える可能性があります。非FITに向けた投資ファンドの動きもあるため、候補の一つとなるか今後の展開に注目しておくのも良いでしょう。

太陽光発電買取業者3
       

Googleにて「太陽光発電所 売却」と検索(2021年5月6日時点)し、上位表示される会社20社の中で、建設・管理・運営まで行っていて、全国の物件の買取に対応している業者をピックアップしています。

売却スピードなら
プレグリップエナジー

現⾦化までの期間

約1週間

会社の資本金

記載なし

中古物件の掲載

9件

  • 故障物件の買取
  • ID買取

公式HPから査定依頼

0120-058-517

資本力なら
センチュリーエナジー

現⾦化までの期間

3ヶ月程度

資本金

5億円

中古物件の掲載数

記載なし

  • 故障物件の買取
  • ID買取

公式HPから査定依頼

03-3215-0111

事例数なら
ミタデン

現⾦化までの期間

記載なし

資本金

2,100万円

中古物件の掲載数

26件

  • 故障物件の買取
  • ID買取

公式HPから査定依頼

0120-81-7373