FIT残存期間をできる限り残せる! 太陽光発電所の売却ガイド > 太陽光発電の今後 > 太陽光発電の撤去費用

太陽光発電の撤去費用

産業用太陽光発電所の
撤去にかかる費用

太陽光パネル

太陽光パネルには、公害として歴史的にも大問題となった「鉛」や「カドミウム」、「セレン」などの有害物質が含まれています。そのため、粗大ごみなどの一般ごみとして排出してはなりません。

太陽光パネルについては、「産業廃棄物」として専門業者に廃棄を依頼する必要があります。費用は、足場を含む撤去費用と廃棄費用がかかり、住宅用でおよそ15万円ほどとなります。

参照元:太陽光チャンネル(https://taiyoko-ch.com/investment/discard.html)

架台

太陽光パネルを支える架台は、基本的には粗大ごみ扱いとなります。しかし、架台自体はアルミ製のもの、スチール製のもの、鉄製のものなどがあり、それぞれ解体が必要になりますので、解体業者へ依頼するのが良いでしょう。

解体業者へ依頼する場合は、1キロいくらというような価格設定で解体・廃棄をしてもらうことができます

基礎の解体

太陽光パネルを支える架台を安定させるために、基礎工事が行われています。この基礎に関しても解体・廃棄が必要となります。

解体業者に依頼したうえでコンクリートやスクリュー基礎を解体・撤去するという流れになりますが、コンクリートに関しては産業廃棄物として処理をする必要があるので注意しましょう

産業用太陽光発電所を
更地にするのにかかる費用は?

産業用太陽光発電所の設備をすべて解体・撤去し、更地にする場合の費用について経済産業省が調査結果を発表しています。

標準的な太陽光発電設備にかかる解体・廃棄費用は、作業を行う業者によって違いはあるもののコンクリート基礎の場合は約1.4万円/kW、スクリュー基礎の場合は、約1.0万円/7kW、PVパネルと架台にかかる廃棄費用は0.57万円/kWが平均値となっています

参照元:経済産業省「太陽光発電設備の廃棄等費用の積立てを 担保する制度に関する詳細検討(PDF)」
(https://www.meti.go.jp/shingikai/enecho/shoene_shinene/shin_energy/taiyoko_haikihiyo_wg/pdf/004_01_00.pdf)

金額が合わないと感じるなら、
早い段階での利確も

自然災害によるパネルの破損や太陽光発電システムの劣化など、いずれにせよ撤去を行うタイミングは必ずやってきます。その為に必要となる費用は決して安くはありません。

そのため早い段階で撤去費用を確認し、「収益に比べて撤去費用が高すぎる…」と感じる場合は、FIT期間中に早めに売却をすることで利確という戦略もあります

当サイトでは、スピーディーに対応してくれる「太陽光発電所の売却業者」をまとめているので、ぜひチェックしてみてください。

現金化が早いおすすめ
太陽光発電所買取業者
3選をチェック!

太陽光発電買取業者3
       

Googleにて「太陽光発電所 売却」と検索(2021年5月6日時点)し、上位表示される会社20社の中で、建設・管理・運営まで行っていて、全国の物件の買取に対応している業者をピックアップしています。

売却スピードなら
プレグリップエナジー

現⾦化までの期間

約1週間

会社の資本金

記載なし

中古物件の掲載

9件

  • 故障物件の買取
  • ID買取

公式HPから査定依頼

0120-058-517

資本力なら
センチュリーエナジー

現⾦化までの期間

3ヶ月程度

資本金

5億円

中古物件の掲載数

記載なし

  • 故障物件の買取
  • ID買取

公式HPから査定依頼

03-3215-0111

事例数なら
ミタデン

現⾦化までの期間

記載なし

資本金

2,100万円

中古物件の掲載数

26件

  • 故障物件の買取
  • ID買取

公式HPから査定依頼

0120-81-7373