FIT残存期間をできる限り残せる! 太陽光発電所の売却ガイド > 太陽光発電所売却で知っておきたい基礎知識 > リパワリングとは?
中古太陽光発電所の価値UPを狙う

リパワリングとは?
中古太陽光発電所の価値UPを狙う

太陽光発電の評価診断(デューデリジェンス)とは

太陽光発電の評価診断を意味する、デューデリジェンス。太陽光発電設備の品質の担保には重要で、売却時の査定額にも大きな影響を与える要素です。

太陽光発電設備の資産価値や状態など幅広い評価診断

太陽光発電の査定額は、持ち主の主観では決まりません。状態や資産価値、収益性やリスクまで幅広い要素が影響を与えるため、状態や資産価値などを導き出すには、第三者からの調査・評価が必須。

持ち主の主観や思い込みで査定額を出しても、客観的な根拠に欠け信頼性がありません。デューデリジェンスを実施すれば、品質担保や、査定額の根拠を得られます。

デューデリジェンスをしなくても売却はできるのか

デューデリジェンスの実施は法的義務ではないため、太陽光発電所の売却自体はできます。ただ、投資家の立場になれば、なんの情報もない太陽光発電所への投資は避けたいというのが正直なところでしょう。

転売目的の事業者も、デューデリジェンスの有無で査定額を変えます。のちのち事業者がデューデリジェンスをしなければならず、購入後の改修が必要になる可能性があり、手間がかかるためです。そのため、デューデリジェンスが行われていない太陽光発電所は、査定額も低くなる傾向があります。

不具合への改善策の材料になる

デューデリジェンスは太陽光発電所の情報開示による品質担保だけではなく、リスクを早く見つける目的でも役立ちます。太陽光発電所は故障予防のための定期的なメンテナンスは必須です。故障や不具合が生じてからメンテナンスをしても、問題がなかったときと比べると売電利益は落ちます。

デューデリジェンスでは、太陽光発電所の設計から運用までをチェック。故障や予防の発生確率や影響度まで分析できます。リスクが見つかれば早めに改善策を考えられるので、試算価値と収益を向上するためになにができるのかというアプローチを行えるでしょう。不具合の改善策を考える上でも重要な取り組みと言えます。

メンテナンスだけでは施設価値は上がらない

「デューデリジェンスをしなくても、定期的なメンテナンスを行っているから資産価値は下がらない」というのは思い込みです。メンテナンスとデューデリジェンスは考え方から異なります。

メンテナンスはあくまで故障や不具合の予防保全を目的にしており、故障や不具合が発生してからの事後保全対応を目的とします。つまり、発電所を問題なく稼働させることが目的です。その際、デューデリジェンスのように収益を見据えた検討や提言によるアプローチは行われません。メンテナンスにより、査定額は下がりませんが、上がるということはないのです。

デューデリジェンスで中古太陽光発電所のリスクを軽減できる

デューデリジェンスは中古太陽光発電所のリスクを軽くできます。リスクの理由の1つに、2012年に太陽光発電の固定価格買取制度(FIT制度)による、施工業者の急速な参入は無視できません。技術力や知識が不十分でも太陽光発電所の施工を請け負う業者が多く生まれました。

その反動で、FIT価格が値下がりを見せると、太陽光発電関連事業者の倒産が増加。知識や技術力が不十分な粗悪業者の減少自体は喜ぶことでしょう。問題は、粗悪業者が設置した太陽光発電所です。粗悪業者が設計と施工を行った太陽光発電所には、品質的に問題を抱え、リスクを秘めている可能性があります。

新しく施工するのではなく、中古の太陽光発電所の投資を考えている買い手側は、その事情を理解しており、新品とは異なるリスクがあるのを承知の上で、価格を検討して投資を行います。ただ、中古でもわざわざリスクが大きいものに投資しようという方はいません。デューデリジェンスは、太陽光発電所に投資をする方へ「リスクが少ない」ことを証明できます。

古い太陽光発電所の問題点

古い太陽光発電では具体的にどんな問題があるか理解すると、思い当たるふしが見つかるかもしれません。2012年以降、早い時期に建設された太陽光発電のうち、50kw未満のものでは多く見られるのが施工不良です。想定より大幅に低い査定額が出る可能があります。

太陽光発電所自体ではなく地盤に問題がある整地不良も見なければなりません。配線も地表の上に出ている場合も問題です。コネクタの接続不良によるモジュールの発熱は火災につながります。

上記のように問題がある太陽光発電は古いものに見られがちです。問題があればリパワリングすることで、適正価格で売却できる可能性が高まります。デューデリジェンスは、売却活動で有利になる手法のひとつといえるでしょう。

リパワリングとは?

リパワリングをすれば、中古太陽光発電でも価値を高められます。将来的な中古太陽光発電の売却を検討している方は、査定額を高めるための選択肢の一つとしいぇ覚えておきましょう。

リパワリングは太陽光発電所のリノベーション

リパワリングは、太陽光発電所をリノベーションすることです。リノベーションは、各種機器や新しい機能を導入して太陽光発電所の能力を高めます。太陽光発電のFIT制度がスタートしてから10年もの年月が経過すれば、パワーコンディショナーの保証期間も終了し、故障リスクが高まるのも避けられません。

太陽光パネルも経年劣化すれば発電量が衰えます。経年劣化し、発電量も落ちた太陽光発電所を高額で購入したいという投資家が現れる可能性は低いです。高い査定額を出すなら、単純な中古太陽光発電所としてではなく、リパワリングを施したあとのほうが買い手は付きやすいでしょう。リパワリングをすれば、単なる中古ではない新しい価値が生まれるのです。

リパワリングの具体的な内容

リパワリングが古い太陽光発電所をリノベーションすることと理解しても、具体的な内容を知らないと不安になるものです。リパワリングにもコストがかかるため、内容を知らないと事前想定はできません。太陽光発電所のリノベーションで代表的なのが、パワコンを新型モデルに交換することです。

パワーコンディショナー、通称パワコンは、太陽光発電の心臓と呼べるほど重要ですが、可動部分があるため寿命は10年程度で長くありません。ただ、太陽光発電所も進歩して品質も高まり、2022年時点で15年保つパワコンも登場しています。

初期の太陽光発電所より品質も向上し、変換効率も高くなり、冷却にかかる電力も抑えられて、製品価格もリーズナブル。リパワリングを検討するならパワコンを新しいタイプへ交換することがおすすめです。

オプティマイザの導入も有効

オプティマイザは新しい型の太陽光発電所でも導入検討したいデバイスです。目的は従来のシステムに組み入れるだけで、システムの効率化を図れる点で、欧米ではすでに付けるのは常識レベルで浸透しています。

太陽光発電所のシステムを効率化することで、発電量のアップが期待できるのです。発電ロスを減少できるため、売電収入の工場が期待できます。中にはモニタリング機能を備えたオプティマイザがあり、遠隔監視を通し、O&Mの効率化も実現できるのです。

リパワリングで太陽光発電所を高く売却する

中古太陽光発電所を高く売却するには、リノベーションであるリパワリングが有効です。購入側は品質が高く、収益性がある太陽光発電所を安く手に入れたいと考える心理があります。古さだけではなく、すぐに不具合が生じるような太陽光発電は好んで手を出しません。

その考え方は中古品を購入する方に共通するものです。デューデリジェンスの実施による客観的な品質評価もチェックします。そのうえでリパワリングを実施すれば、単なる中古ではなく高品質の掘り出し物という視点で見てもらえる可能性が高まるのです。

現金化が早いおすすめ
太陽光発電所買取業者
3選をチェック!

太陽光発電買取業者3
       

Googleにて「太陽光発電所 売却」と検索(2021年5月6日時点)し、上位表示される会社20社の中で、建設・管理・運営まで行っていて、全国の物件の買取に対応している業者をピックアップしています。

売却スピードなら
プレグリップエナジー

現⾦化までの期間

約1週間

会社の資本金

記載なし

中古物件の掲載

9件

  • 故障物件の買取
  • ID買取

公式HPから査定依頼

0120-058-517

資本力なら
センチュリーエナジー

現⾦化までの期間

3ヶ月程度

資本金

5億円

中古物件の掲載数

記載なし

  • 故障物件の買取
  • ID買取

公式HPから査定依頼

03-3215-0111

事例数なら
ミタデン

現⾦化までの期間

記載なし

資本金

2,100万円

中古物件の掲載数

26件

  • 故障物件の買取
  • ID買取

公式HPから査定依頼

0120-81-7373