FIT残存期間をできる限り残せる! 太陽光発電所の売却ガイド > 【PR】改正FIT法に対応していない太陽光発電所の活用方法

【PR】改正FIT法に対応していない太陽光発電所の活用方法

そもそも改正FIT法とは?

FIT法とは、「固定価格買取制度」のことを指し、再生可能エネルギーの普及拡大のために、エネルギーの買取価格を法律で定めた助成制度です。

そのFIT法が平成29年4月1日に改正されたものが、改正FIT法と呼ばれています。

なぜ改正されたのか?

太陽光発電は20年の固定買取制度による安定的な投資先として、人気を博し、どんどん太陽光発電所の普及は進みましたが、この固定買取制度を悪用し、申請だけを通し、固定買取制度の価格だけを確定させ、設備の原価が下がるのを待つ「未稼働案件」が大量に発生しだしました。

こういった未稼働案件の運転を促すために、FIT法に改正を加えたのが、背景とされています。

改正FIT法で発生する義務

標識の掲示

出力20kW以上の野立ての太陽光発電所には、原則として標識の掲示が義務付けられました。

設備の情報や所有者の情報、メンテナンス責任者の情報を外部から見えやすい位置に掲示する必要があります。

メンテナンス(O&M)の義務化

改正FIT法では、事業計画認定の申請時に、メンテナンスの計画も提出する必要があります。

メンテナンス不足の太陽光発電所によるトラブルなども発生しており、メンテナンスの内容や頻度などを細かく策定する必要があります。

フェンスの設置・立ち入り禁止看板の掲示

感電などの事故防止、いたずらの防止のためにフェンスの設置が義務付けられました。

プラスして、見えやすい位置に立ち入り禁止の看板を掲示し、侵入防止の対策が低圧の産業用太陽光発電所でも必要となっています。

対応していない太陽光発電所はどうするべきか?

上記の義務に対応していない場合は、売電価格が確定できていないため、電力の固定買取価格が年々下がっていってしまいます。

早急に太陽光発電所に追加の設備投資をするか、このタイミングで売却をしてしまうのも手でしょう。

改正FIT未対応物件は、O&Mの経験豊富な売却業者へ

改正FIT法は、メンテナンス関連での義務化が多く、売却先としては、自社でO&Mをやれる売却業者の方が、中間マージンも発生せず、高価売却が期待できるでしょう。

また1年、また1年と固定買取価格は下がっていき、タイミングを逃せば、太陽光発電所の資産価値はどんどん下がっていってしまいますので、悩むときは、相談から始めてみてはいかがでしょうか?

太陽光の建設から保守・売却まで
太陽光のエキスパートプレグリップエナジー

プレグリップエナジーは、全国を対応エリアとして土地選定から太陽光発電所の設計・施工、メンテナンスを行う業者。

空き地や山林、宅地などさまざまな土地の売買をはじめとした土地活用を行う不動産事業も展開。豊富な実績とノウハウから高値買取が期待できます。

太陽光発電アドバイザーの資格を有するスタッフが常駐しており、システムの導入や運営、その他幅広い悩みに答えられる専門的な知識が豊富。

自社で太陽光発電所を設置、管理、運営していることで現場目線でのアドバイスが可能。

設備に不具合が生じた際には、原因特定と適切な対処をスピーディーに行っています。

その豊富な知識を活かして、正常に稼働する中古太陽光発電システムだけでなく、故障している物件やID買取に対応しています。

また、改正FIT法で定められている外周フェンスの設置、適切なメンテナンスなどがなされていない場合の買取にも対応。

プレグリップエナジーに
まずは太陽光発電所について相談してみる

プレグリップエナジーの会社情報

  • 社名:株式会社プレグリップエナジー
  • 所在地:東京都中央区日本橋
    人形町3-10-1 かしきち人形町ビル2F
  • 営業時間:9:00~18:00

参考サイト:経済産業省資源エネルギー庁 改正FIT法による制度改正について[pdf](https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/kaitori/dl/fit_2017/setsumei_shiryou.pdf)